失った歯の治療法のいろいろ

インプラントは体に埋め込む医療機器の総称

失った歯の治療法のひとつとして「インプラント」があげられます。そもそもインプラントとは体に埋め込む医療機器の総称となっており、人工関節や心臓のペースメーカーも本来はインプラントの一種であり、歯がなくなった時に埋め込む人工の歯根の事を本来は歯科インプラントと呼びます。現在では一般的に「インプラント」と呼ばれるものは、この歯科インプラントを指すようになっているようです。
虫歯や歯槽膿漏等、また外傷によって歯を失った時に、その顎の骨にインプラントを埋め込み、そのインプラントの上に自然の歯のような外観の人口の歯をかぶせるのがその仕組みとなっています。このインプラントの良い点は、歯茎を切って顎の骨に人口の歯根を埋めるため、自然の歯と同じような機能になるという事があげられます。

安全性

そもそもインプラントは、外科手術を伴う治療方法ですので、本来は高度な技術や経験を積んだ医師のみの治療となります。
インプラントの治療費ですが、インプラントは自由診療であるため、歯科医院が自由に料金を決める事が可能となっています。そのため質のよくない技工物を使ったり、衛生管理を適当にしたり、技術がないのに手術を行ってしまう歯科医もいたり、治療費を抑える事などはいくらでもできます。安さだけを重視して歯科医院を選んで、後々大きなトラブルが勃発して、後悔するという症例が後を絶ちません。インプラント治療を行う際には、安さだけに目を奪われずに、経験が豊富で信頼できる治療技術を持った歯科医にお願いするという事が大前提となります。


この
記事を
シェア

TOPへ