インプラントのメリットについて

インプラントのメリットとデメリット

歯が抜けたまま放置すると、身体全体に様々な問題を引き起こします。まずは歯がないという事に加えて、歯茎が下がっていくために口元に皺ができたり、顎がたるんだりしてきます。そしてきちんと咬めないことによって、胃や腸への負担がかかるし、歯のない片方の歯でばかり咬むことから、咬み合わせが悪くなっていきます。また歯が抜けた後には、歯垢がたまりやくすくなり、周囲の歯も虫歯になりやすくなります。歯が抜けてしまったら必ずすぐに治療をする必要があります。
インプラント治療は自分の歯を失った部分に人工の歯根を埋め、その上にさらに人工の歯をかぶせるという治療になりますが、自然の歯と変わらない美しい見た目である事と、噛み合わせも自然であるという事から食事がおいしくいただけるようになるなどのメリットが大きいです。
デメリットは外科手術になるので、不安が残る事。また入れ歯やブリッジと比べてコストがかかるという事です。

インプラント手術の方法

基本的なインプラント手術の方法は、歯茎を切ってはがして、顎の骨を出して手術をします。手術には一回法と二回法があり、二回法は外科手術を二回行うことになるため、一回法よりも身体への負担も大きくなり、また費用も高くなります。でも衛生や安全の面ではメリットとなります。
一次手術としては、歯茎を切り開いてインプラントを埋め込み、そのあと歯茎で覆って縫合して、インプラントと骨が結合するまで数か月待ちます。
二次手術は、骨が結合したら歯茎を再度切り開いて、歯茎の傷がなくなっていたら、人工歯を取り付けます。
メリットは歯肉が閉じるまでじっくりと待ってからの治療となるため、感染症の危険性が低くなります。デメリットは二回歯肉を切開しないといけないため、身体への負担が大きくなることがあげられます。


この
記事を
シェア

TOPへ