インプラントのリスク

フラップレスインプラント手術

インプラントはやってみたいけれど、とにかく痛みが怖いという場合は、無痛治療手術として、フラップレスインプラント手術を取り入れる病院も増えています。フラップレスインプラント手術とは切開したり傷口を縫ったりする必要がない治療方法の事です。
この方法で行われる手術は、本当に小さな傷口ですむので、傷口を縫う必要がなく、また出血したり腫れたりもないため身体へのダメージが大変少なく済むという事と、術後の回復が早いというメリットがあります。
さらに痛みを抑えたい場合には安全無痛治療というものがあげられます。これはリラックス麻酔により、1時間ほど軽い眠りに陥っている間にインプラント治療を済ませる事ができるということも可能となっています。

インプラント治療の失敗

インプラントを歯茎に埋める際に、上顎洞にインプラントを落としてしまい蓄膿症を発症した例や、骨に埋めるはずのインプラントが歯肉に突き刺さっていた例、また下顎にインプラントを埋入した際に、血腫を作り呼吸困難に陥り緊急搬送された例や、インプラントが適切な位置に埋入されなかったために炎症を起こしていた例、また顎の骨にドリルで穴を開ける際に、オーバーヒートして骨とインプラントが結合しなくなってしまった例など多数の事例があげられています。また過去には、インプラントの埋入手術の際に動脈を損傷してしまい、適切な処置を行わなかったために大量出血を招き、死亡事故も起きています。より安全確実な治療を行うためには、CT撮影を必ず行ってくれる歯科医院である事など、歯科医院選びは慎重に行う必要があります。


この
記事を
シェア

TOPへ